So-net無料ブログ作成

南部鉄器 極め羽釜とは? [商品情報]


南部鉄器は、17世紀中ごろが起源と言われている、岩手の伝統工芸品です。

南部鉄器 極め羽釜は、今なお愛されている、この何百年と受け継がれてきた
職人の技術を、炊飯器に初めて使用して、純粋な鉄素材の内釜に仕上げたものです。

まさに、時代をとび超えて、鉄の羽釜で炊いたお米のおいしさを味わえます。

また、内釜の底にアルミ溶射処理により、釜底の内側を加工してあるので、
激しい熱対流が起こって、今までの炊飯ジャーと比べ、炊きムラが少なく
なっています。

鉄という素材は、IH加熱と非常に相性がよいので、釜内へ熱を伝えるのに
適しています。

その蓄熱性の高い「南部鉄器」を使っているので、羽釜炊きの強火をしっかり
釜の中にため込むことができ、釜の羽下から一気に集中加熱してくれます。

このため、昔のかまどで炊くのと同じように、大火力で激しく熱対流を起こすことで
お米の芯からふっくらとした、理想的な食感のごはんを炊き上げてくるのです。

南部鉄器 極め羽釜で炊いたご飯、一度食べてみて下さい、
きっと、病みつきになっちゃうはずです。



<極め羽釜の詳細はこちら>




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。